スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
聖魔育成(スキル振り)
2006 / 12 / 21 ( Thu )
5月17日追記
ホーリーアロー型は4次スキルを考慮すると避けるべき道。

私の聖魔vセフティv現在41レベル

2次職クレリック育成を書きます。
無事プリーストになれたときには完成版を作ろうと思います。
魔法使い1次に関してはリンクにあるセフティのページをみていただければ幸いです。

まずはスキル紹介
マジックドレイン
黒字スキル。敵のもっているMPのいくらかを攻撃したときに奪います。
もちろんヒールアタックでも奪えます。

テレポート
言わずと知れた魔法使いの機動力アップスキル。
魔法発動後の隙が発生にしているときに使えてとても便利。
しかしヒールは魔法発動までの隙はあるが、魔法発動後の隙が短いため、ヒールで集めているときに移動するための手段、効率アップスキルとみるのがよいでしょう。
スキルレベル1でも便利ですが、消費MPが多いのであまり乱用はできないでしょう。

ガード
こいつは発動に必要なMP以外コストなしでスキルレベルMAXで物理攻撃のダメージを30%もカットできるすばらしいスキル。
しかし2次ではヒールアタック可能で1発で殺されるような敵を狩ることはまずないので、そこまでは重宝しない。
3次になるとその有り難みが分かるでしょう。

ブレス
命中、回避、防御、魔法防御をスキルレベル分上昇させる補助スキル。
戦士には必要不可欠な命中補正が得られるのでPT時には重宝する。
ソロ狩りではないよりはあった方がいいかな程度。
回避型斬り賊にかけてあげるのもおもしろい。

ヒール
クレリックといえばこれ。MPを使って体力を回復できるスキル。
体力を自力で回復できるのはヒールと投げ賊のライフドレインだけ。PTの体力を回復できるのはヒールだけ。
ブレスをかける余裕がなくてもこれは忘れないようにしよう。
狩り、ボス戦において最も重宝するスキルである。
なお、アンデット系のモンスターにもダメージを与えることができる。そのため、クレリックはアンデット系のモンスターを狩ることになる。

ホーリーアロー
1体の敵を聖の属性で敵を攻撃する。
スキルレベルMAXでもマジッククローと同じくらいのダメージしか与えられず、クレリックは捨てるスキルがないため、これは余りだけ振るのがメジャーだが聖の属性が弱点な敵には1.5倍のダメージを与えることができるため、MAXまで振るのも一つの方法である。現在4次スキルが強力なため完全捨て(5月17日)

スキルの振り方
何通りかありますんで解説付きで紹介します。

①一般型
テレポート1

マジックドレイン1

ヒール30

テレポート11

マジックドレイン20

テレポート20

ガード20

ブレス20

ホーリーアロー11

解説
最初のテレポート1は機動力をあげるため。しかし消費MPが洒落にならないため多用はできない。
次のマジックドレイン1はスキルレベル1でもあれば吸収できるので振るべき。
ヒールはメイン攻撃スキルなので即MAX振ります。
テレポート11は消費MPを減らし、11になると移動距離が若干増えるため。
マジックドレイン20は黒字を増やすため。
リラックスとの相乗効果でMP回復薬はほとんど使う必要がなくなる。
テレポート20は消費MPを13まで減らし、距離も1段階アップするから。
ガード20は敵を狩っていてチャットしたいときに使うと安全が増します。
もちろんHP強化ができていば強敵マップで補助に回ることもできます。
ブレス20は2次の間はほとんど必要ありませんが、3次になってからPT狩りするときに無いと困ります。
ホーリーアロー11は余りを振っているだけです。

②ルディクエ型
テレポート1

マジックドレイン1

ヒール20

ガード5

ブレス20

ヒール30

テレポート11

マジックドレイン20

テレポート20

ガード20

ホーリーアロー11

解説
ルディクエでレベル35~50を過ごす場合の振り方。
①一般型とほぼ同じだが、ヒールを途中で止めてブレスを先に振ることによって回避の高いモーメガバンに対する命中率をあげることができる。
あとは①一般型と同じ。
ヒールを途中で止めているのがみそ。

③ホーリーアローMAX型※記事の最後に追記
テレポート1

マジックドレイン1

ヒール30

テレポート20

ホーリーアロー30

ガード20

ブレス20

解説
最初は①一般型と同じだがマジックドレインを捨てて名前のとおりホーリーアローをMAXにするあげ方。
ホーリーアローは3次職でシャイニングレイが成長するまでのつなぎや、シャイニングレイでは届かないところの単体攻撃などに使用。
聖の属性で弱点の敵を多く狩ることになるため、以外と使用機会が多い。
あれば使うけど無かったら無いでもいいホーリーアローをMAXにするのが特徴。

これだけ紹介したが、もちろんルディクエ型+ホーリーアローMAX型なども可能です。

基本事項はこれで終わりです。
狩場は時給が測れ次第更新します。

常語と敬語がごちゃまぜになってて読みにくいというのは勘弁してください。

ホーリーアローMAX型についてですが、今はたまむしひめとかいうすばらしい敵がいるようなので、マジックドレインを捨てるのが危険かと思う。レベル100で狩るとしてリラックスの回復はスキルレベル×レベル÷10+3なので163/10秒。
たまむしひめのMPは350と非常に多いため間に合うかもしれないが…
スポンサーサイト

15:39:36 | 聖魔育成 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<魔法使い1次(マジシャン) | ホーム | これは問題発言>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sefuthi.blog56.fc2.com/tb.php/40-41174b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。